海外

【コロナ渦】日本入国の必要書類|イタリアからの日本入国

sponsored Links

Ciao! こんにちは!

イタリアでは2022年5月からグリーンパスが廃止されマスクも必要なくなり、徐々にコロナ以前の生活を取り戻しつつあります。

今回は、そんなイタリアから日本へ帰国した際の必要書類をまとめました。

日本入国の必要書類一覧

まずは、私が入国した際に必要だった一覧をご紹介します。

  1. My SOSアプリ
  2. 質問票
  3. 誓約書
  4. 新型コロナウイルスPCR検査陰性結果証明
    (イタリア出発前72時間以内に実施したもの)
  5. ※3回目ワクチン接種証明

必要書類は在イタリア日本大使館の公式サイトから随時最新情報はチェックしてください

※3回目のワクチン接種証明書の写しがあれば帰国後の隔離を免除してもらえるようです(私の場合コロナに感染してしまい3回目を打てていない状態だったので、2回目までのワクチン接種証明は提出できませんでした。)

それでは、上記の必要書類を一つづつご紹介します。

①My SOSアプリ

まず、書類ではありませんが、日本へ入国することが決まったらMy SOSアプリをダウンロードする必要があります。

My SOSアプリは、誓約内容の遵守を確認するため、位置情報の報告等を行う際に使用される他、

ファストトラックといって、海外から日本に入国する前に、MySOSのアプリ上で、あらかじめ検疫手続きの一部を済ませておくことができたりもするので、入国前にダウンロードしておくとよりスムーズに入国手続きをすることができます。

ファストトラックはアプリ上で事前に書類を提出できるのに比べ、
ファストトラックを利用しない場合は、空港で書類を一枚づつ確認してもらう必要があるので、検疫に時間がかかります。
スマートフォンをお持ちの方は、ファストトラックを利用することをおすすめします。

ファストトラックについてさらに詳しい詳細はこちらからご確認いただけます。

My SOS アプリはこちらからダウンロードできます。

My SOSアプリの登録方法等についての詳しいマニュアルはこちら → MySOSアプリについて

上記のマニュアル通りに進めば簡単に登録できます。

②質問票

こちらも、ファストトラックを使う場合は、MySOSアプリから事前に登録・提出することが可能です。

アプリをダウンロードし登録後、「検疫手続事前登録」と言う項目がありますので、そこをクリックするとこのような画面がでてきます。

この画面上の「質問票WEB」をクリックし指示通りに進めることで簡単に登録・提出ができます。


ファストトラックを利用しない場合、空港に到着してから紙等で提出することも可能です。

質問票はWEBより回答するとQRコードが生成されます。れをスクリーンショットで保存又は印刷しておき検疫の際に見せる必要があります。

質問票はこちらから回答できます!

質問票の回答手順はこちらから確認できます。

質問票の提出についてさらに詳しいことはこちらを参照ください
  →厚生労働省質問票の提出について

③誓約書

誓約書は、待機期間中の公共交通機関の不使用、自宅等での待機、位置情報の保存・提示、接触確認アプリの導入等について誓約するもので、日本に到着する機内でも用紙が配布されます。

しかし、こちらも事前にダウンロードし記入していくことやMy SOSアプリから事前に提出する(ファストトラック)ことも可能です。

My SOSアプリから登録する場合は「検疫手続事前登録」をクリックし、質問票WEBを登録したのちに、下にある「誓約書」をクリックし、指示通りに進めてください。

誓約書のダウンロードや詳しいことはこちらから!

多言語の書類がダウンロードできます。

④新型コロナウイルスPCR検査陰性結果証明

さらに、必ず必要になってくるPCR検査陰性結果証明です。

こちらは日本に到着する72時間前以内に実施したものが必要で、フォーマットも決まっています。

フォーマットはこちらからダウンロードできます。

また、細かな注意事項等もありますので、こちらをっしっかりと読んでください★

→ PCR陰性証明について

こちらも、MySOSアプリで事前に提出することができます。

質問票・誓約書と同様に進んでいきます。

質問票と誓約書に関しては、ネット上で回答するだけで、こちらで書類を用意する必要がありませんでしたが、PCR陰性証明については書類の写真やファイルをアップロードする形で提出します。

こんな感じです!

72時間以内なので注意してください★

⑤3回目のワクチン接種証明

3回目のワクチン接種証明は他の書類とは違い絶対ではありません。

ただ、あれば、帰国後の隔離が免除されるようです。

私の場合、残念ながらワクチン2回接種後、2月の頭にコロナウイルスに感染してしまい、8月まで3回目のワクチンが打てない状況となっております。

【コロナ体験談ブログ】軽症の症状や経過は?オミクロンは本当に軽症なの? こんにちは! 私は先日イタリアでコロナウイルスに感染してしまいました。 同居人(私合わせて6人)が全滅してしまい、...

2回目までの接種証明は必要なく、あくまで3回目の接種証明が必要だそうです。

ワクチン接種証明書の書類について詳しくはこちらをご覧ください。

また、ワクチン接種証明もMy SOSで事前に登録することができます。

上記の書類と同様「検疫手続事前登録」をクリックし、→「ワクチン接種証明書」と進んで下さい。

3回目のワクチンが打ててない人はどんな理由であれ、ワクチン接種証明書は「無」になるようです!

私も「無」にしました!

sponsored Links

sponsored Links

最後に

以上、イタリアから日本へ入国する際の必要書類をまとめました。

ただ必要書類や条件などは随時変更されると思うので、この記事はあくまで、参考程度に見ていただき、ご自身が渡航される際は必ず「在イタリア日本大使館」のホームページから確認して下さい。

色々とややこしい書き方がされていて理解するのに時間がかかりましたが、

よく読むと、MySOSアプリを登録することでほとんどの書類は簡単に事前に提出できるということが分かりました。

早くコロナウイルスがなくなって以前のように簡単に色々な国を行き来できる日が待ち遠しいです。

最後までお読みいただきありがとうございました!